シェア

RECIPE

基本の沼サン、アボカド沼サン

沼サン

材料(1個分)

<基本の沼サン>

食パン(6枚切り) 2枚
キャベツ 3枚半(140g)
玉ねぎ 1/8個(20g)
ベーコン(薄切り) 2枚(長いものは1枚を半分にカット)
スライスチーズ(溶けるタイプ) 1枚
粒マスタード 適量
マヨネーズ 大さじ2〜2と1/2
黒こしょう 適量
お好みでピクルス(きゅうり)やブラックオリーブのみじん切り 適量

<アボカド沼サン>

食パン(6枚切り) 2枚
キャベツ 3枚半(140g)
玉ねぎ 1/8個(20g)
ベーコン(薄切り) 2枚(長いものは1枚を半分にカット)
スライスチーズ(溶けるタイプ) 1枚
粒マスタード 適量
アボカド(完熟) 1/2個
マヨネーズ 大さじ2〜2と1/2
黒こしょう 適量
お好みでピクルス(きゅうり)やブラックオリーブのみじん切り 適量
サンドイッチ材料

作り方

1

キャベツは千切り、玉ねぎはスライスする。
キャベツの芯は最初に切り分け、葉の部分よりも細かく切る。玉ねぎは水にさらさず、どちらもキッチンペーパー等で水気を取る。ピクルスやオリーブを入れる場合はみじん切りにする。

キャベツの千切り

2

食パンの1枚にチーズ、その上にベーコンをのせる。

サンドイッチレシピ

3

もう1枚はそのままで、2枚ともトーストする。

トースト

4

パンが焼けたら、何も乗せていない方の食パンに粒マスタードを塗る。糊の役割をするので、パンの端までしっかり塗る。

サンドイッチ作り方

5

<アボカド沼サンの場合>皮をむいて粗く潰したアボカドに、マヨネーズと黒こしょうを混ぜる。

アボカドレシピ

6

1にマヨネーズと黒こしょうを加え、全体を手早くよく混ぜる。ピクルス、オリーブを入れる場合はここで加える。
<アボカド沼サンの場合>さらに5もここで加え、同様に全体を手早くよく混ぜる。

サンドイッチレシピ

7

4に6を山盛りにのせる。最初はパンの表面全体にのせ、徐々に中央を高く山盛りに。

沼サン

8

チーズとベーコンをのせた食パンを上からのせる。

沼サン

9

ぎゅっとプレスする。両手を使って均等に、沈まなくなるまで力をのせる。はみ出たキャベツはバターナイフなどを使って横から押し込む。

沼サン

10

ベーコンの向きと対角に、包丁をまっすぐ下ろして、一気に半分にカットする。断面が見えるように盛りつけたら出来上がり。

サンドイッチレシピ
沼サン

大沼由樹さんのワンポイントアドバイス

・春キャベツは柔らかいので3~5mm幅、寒玉は2mm幅くらいの千切りがおすすめ。スライサーを使った極細の千切りはフワフワしすぎて味がぼやけるので、包丁で千切りにし、多少バラツキがあるくらいが美味しい。
・初めて作るときは、キャベツ、マヨネーズとも分量どおりがおすすめ。
・粒マスタードが苦手な方は分量を減らし、マヨネーズ(分量外)と混ぜて塗る。
・千切り野菜に調味料を混ぜると水気が出てくるので、パンに挟む直前に混ぜ、完成したらすぐに食べるようにする。
・完成したら、全体をラップで巻いてからラップごと切ると失敗しにくい。

レシピ提供:大沼由樹さん

https://www.instagram.com/yuki0207float/