キャベツ
地元のめぐみを活かしたまちづくり
岩手県岩手郡岩手町

ゆたかな自然に囲まれ、古くから農業や畜産がさかんな岩手町。
時代とともに食と農を取り巻く環境が変わる中、生産者たちは、地域に根ざした新しい品種の導入や商品開発を続けています。
自然のめぐみによって育まれた、岩手町の食の魅力をお伝えします。

Iwate-machi, Iwate-Gun, Iwate

岩手県のほぼ中央にある、岩手県岩手郡岩手町。日本で唯一の県・郡・町が3つ同じ町です。

北緯40度線の走る人口約13,000人のこの町は、岩手県中央部を北から南に流れる母なる大河「北上川」の源泉のある町です。山間部では標高の高さから、昼夜に寒暖差があるため、甘い作物が育ちやすく、広大な土地を活かして、自然のままの放牧も行われています。

また、2020年には、内閣府が選定する「SDGs未来都市」にも選ばれ、町をあげて「持続可能なまちづくり」に取り組んでいます。

岩手町が育んだゆたかな食と、自然を生かした農畜産の取り組みをご紹介します。

岩手町地図

岩手町では、農業・スポーツ・クラフトアートを次世代に伝えたい3つのカルチャーとして、地域ぐるみで磨き上げ、町のブランド価値を高めていく事業モデルに取り組んでいます。

2018年の町長就任以来、SDGsをまちづくりの基本方針のひとつに採用し、農業分野では「循環型/環境保全型農業体系の確立・高度化」を掲げています。

岩手町には、環境保全型の手法を重視してきた生産者も少なくありません。彼らのような生産者がもっと増えるよう、町を挙げて取り組んでいきたいと思います。

岩手町佐々木光司町長
岩手町 佐々木光司町長