THE ROOTS OF SHUN (January / BACK NUMBER 2015)

千年の都、京都。誇りが繋げる伝統食材

― 京都府

(取材月:January 2015)

延暦13年(794年)から1000年以上もの間、日本の都として栄えた京都。神社仏閣から衣食住まで、王朝時代に発展してきた文化が今も静かに守られているこの街では、いたることで“古の日本の姿”を見ることができる。
そのひとつといえるのが「京料理」という食文化。京料理は平安時代の貴族の間で食べられた有職料理や、寺院に根付いた精進料理、茶道とともに発達した会席料理などがルーツとされ、華やかな見た目と繊細な技術や、季節を重んじる精神が今もこの京都の地で息づいている。そして、この京料理の歴史の中でともに育まれてきたのが、京都の風土が生んだ「京野菜」や貴族に愛された「白味噌」など、独特の伝統食材だ。

姿形もユニークな、京野菜たち

三方を山で囲まれた京都では、かつて海産物を手に入れることが難しく、代わりに新鮮な野菜たちが重宝されていた。夏は猛暑、冬は厳しい底冷えのする盆地ならではの気候と豊かな地下水、肥沃な土質といった京都の風土は野菜づくりに適していた。さらには、質のよい野菜を追求する生産者たちの努力から、品種改良と栽培技術も向上していき、今日の伝統的な「京野菜」が誕生した。

京都駅の近くに位置する京都市中央卸売市場第一市場にある、野菜や果物を扱う会社の京都青果合同で、京野菜を担当する猪阪久夫さんに場内を案内していただいた。
“京野菜マイスター”でもある猪阪さんは、京野菜の特徴を「野菜の名前についている地名は、もともとその品種が栽培されていた場所に由来します。京野菜は珍しい形をしたものが多いですが、その土地の土壌が偶然生み出したという話や品種改良の賜物であるなどの諸説があります。もちろん見た目が特徴的なだけではなく、京野菜は栄養価が高く、風味も良いんです」。と教えてくれた。
共に場内を歩き、通常のごぼうの2倍以上の太さを持つ「堀川ごぼう」や、縞模様が美しい「海老芋」など、ユニークな形をした野菜たち一つひとつを手に取っては、その由来や魅力の説明をいただいた。
「生産者にとって、京野菜を育てるのは手間も時間もかかる大変な作業です。収穫量も一般の野菜に比べると少なく、流通や小売業者にまとまった量を卸す我々としても効率性は良くないのですが、長い歳月をかけてこの京都で育まれてきた文化がずっと続くよう大切にしていきたいです」と、愛情たっぷりの口調で語ってくれた。
京野菜は栽培や収穫に手間がかかるため、時代の流れとともに絶滅してしまった品種も少なくないという。我々は、伝統を受け継ぎ、京野菜をつくり続けている生産者に会いに行くことにした。

まずは市内から北へ車で1時間と少し、南丹市(なんたんし)日吉町で40年間「聖護院かぶ」を生産している水本史郎さんの畑に訪れた。ひんやりと冷たい空気が漂う山間の畑に、丸々と太った純白の「聖護院かぶ」が育っていた。

「聖護院かぶ」は京都名物・千枚漬けに使われることが多く、味や食感はもちろん、断面の大きさや美しい丸みといった見た目も重要となる。
「この辺りは赤土系の粘土質の土壌なので養分が多く根物がよく育ちます。さらに昼夜の寒暖の差と濃い霧が、みずみずしくてキメの細かい、甘いかぶらを育ててくれます」と、美しく実った「聖護院がぶ」を抱える水本さんはどこか誇らしげだ。

山深いこの地は「聖護院かぶ」の生育に適しているものの、栽培には困難も多いという。
「収穫の最盛期となる冬場の気温は氷点下になったり、周囲の山から降りてきた野生の猿や鹿たちが作物を荒らしたりと。「聖護院かぶ」が出来上がるまでは一日たりとも気は抜けませんね」。
それでも水本さんは、そうした環境と向かい合い周囲の生産者と協力しながら京野菜の伝統と誇りを絶やさぬために「聖護院かぶ」を作り続けている。

つづいて亀岡市で「九条ねぎ」を生産している西村農園へ向かった。「九条ねぎ」は京都の家庭で日常的に食べられている京野菜。青い部分が多く葉が柔らかいのが特徴で、鍋ものの具材や薬味としても好まれる。生産者の音川功さんいわく、西村農園では“きりかえネギ”という伝統的な育て方をしているそうだ。

「10月に種を撒いて3月に一度穫り、干した根を植え直し、4〜10月の間で収穫します。収穫まで時間が必要で手間がかかりますが、そうしたことによって甘みと香りの強い『九条ねぎ』ができあがります」。
手間ひまをかけて育てた西村農園の「九条ねぎ」は、葉が柔らかく味がいいという。音川さんは「これが自慢の『九条ねぎ』です」と笑顔で胸をはる。そして、通常の倍もかかる作業を「この京都という土地で美味しい『九条ねぎ』をつくるのが好きなだけですよ」と、照れ臭そうに語ってくれた。

「九条ねぎ」は一年中食べることができるが、なかでも冬の時期に出回るものが格別に美味しいという。中身がとろりとして甘みを増した「九条ねぎ」は、冬場の鍋物に欠かせない存在だ。

京野菜写真

聖護院かぶ写真

水本さん写真

九条ねき写真

音川さん写真

公家文化が生んだ「西京白味噌」

京都ではお正月のお雑煮を始め、白和えや田楽、鰆(さわら)の西京漬けなど、さまざまな料理に使う「西京白味噌」。淡黄色の色合いと柔らかな甘みが上品な米味噌だ。
白味噌文化の発展は京都の王朝文化が関係していると教えてくれたのは、天保元年(1830年)創業の老舗で、地元を代表する味噌ブランド・西京味噌の山田剛史さん。 「『西京白味噌』は大豆よりも米麹を多く配合している味噌。甘みが強いのもそのためです。京都に都があった頃、貴重な米をふんだんに使用した白味噌は、お正月をはじめとする宮中のハレの儀式に重宝されました。"雅"を基調とする雰囲気の中で醸成された味噌だと言えるのではないでしょうか」。

綾部市にある西京味噌の工場で、白味噌の製造工程を見せていただいた。通常の米味噌は、大豆と米の配合比率およそ1:1に対して、ここでつくられている「西京白味噌」は米を大豆の約2倍使って仕込んでいく。

まずは米を蒸して麹菌を加え、48時間かけて米麹を作る。出来上がった米麹を大豆や塩などと一緒に撹拌(かくはん:かき混ぜること)し、それを熟成した後、一度こして、もう一度熟成庫で寝かせ、そのあと常温でさらに後熟させて完成する。
「ほかのお味噌は完成まで3〜4ヶ月間熟成させますが、白味噌の熟成期間はわずか20日ほどと短いのが特徴です。こうして、美しい白みがかった淡黄色の白味噌に仕上げていきます」と、工場長の大槻直人さん。白味噌は他の味噌と比べ塩分が低く、米麹本来の甘みを感じられることから、料理だけでなく和菓子にも使われるという。
「『西京白味噌』の品質を守り高めていくことが社としての第一であり、伝統の味をここ京都でつくり続けることで、これからも永く皆様に楽しんでもらえたらと思います」と、山田さんは語る。

大豆写真

白味噌写真

京都の"旬"を閉じ込めたが花の「お吸い物」と「西京味噌漬」

1000年以上の時を越えて、誇りとともに受け継がれてきた京野菜と「西京白味噌」。この伝統食材を楽しむことができるのが、「京洛 が花」の「京野菜のお吸い物最中」と西京漬け「慶雲生五彩(けいうんごさいをしょうず)」だ。

「京野菜のお吸い物最中」の見た目は貝の形をした、かわいらしい真っ白な最中。これを少し割ってお椀に入れてお湯を注ぐと、京野菜を使った白味噌仕立ての本格的なお吸い物が出来上がる。

「聖護院かぶ・壬生菜」、「海老芋・金時人参」など、さまざまな組み合わせがあり、食卓に添えるだけで手軽に京料理のエッセンスを楽しむことができる。

「具材の組み合わせは、味はもちろん見た目や彩りにも気を配っています。“旬”の一番美味しい時に収穫した京野菜をフリーズドライ加工することで、素材の味や食感、栄養価の損失を最小限に抑え、一年中楽しめるようにしました。京都産の本物の京野菜は“旬”の時期以外は市場に出回らないので、一定量を確保するのに苦労しましたが、京野菜の伝統を継承していこうという志のある農家さんや市場の方との連携で、この商品が誕生しました」。
そう話してくれたのは、が花の商品担当の田中正人さん。フリーズドライという製法で、どこにいても“旬”の京野菜の味が楽しめる。「京料理の伝統を、今の時代に合った形で多くの人たちに味わってもらいたい」という想いを持って、試行錯誤を重ねた末に生まれたが花の一品。

「慶雲生五彩」と名をつけられた品は「西京白味噌」で漬け込まれた西京漬けだ。金目鯛、銀鱈、キングサーモンなど色々な種類があり、簡単な調理で本格的な西京漬けが手軽に味わえる。丁寧に切り分けられた魚は柚子の香りを忍ばせた西京味噌床に低温で3昼夜じっくりと漬け込まれ、「西京白味噌」の甘みと魚本来の旨みが引き出される。守り伝えられた伝承の西京味噌漬に「京洛が花」が進化する時代の息を吹き込んだ新しき古典の美味の極みだ。

この2品には、古都の歴史と、それを繋ぐ人たちの誇りが詰まっている。

お吸い物写真

西京漬写真

京都一の繁華街、三条河原町のメインストリートに位置するが花のお店では、「京野菜のお吸い物最中」をはじめ、「西京白味噌」で作る魚の西京漬けや、京都では「ぶぶ漬け」と呼ばれるお茶漬けなどがそろっている。かわいらしいパッケージはお土産にもぴったり。旅の思い出に、“京都の味”をお持ち帰りしてはいかがだろうか。

Writer : ASAKO INOUE / Photographer : CHIZU TAKAKURA

株式会社 が花

住所 京都府京都市中京区河原町通り三条下ル大黒町53-1
TEL 075-253-0178
URL http://www.kyoraku-tsujigahana.com/

京洛が花

住所 京都府京都市中京区河原町通り三条下ル大黒町53-1
TEL 075-253-0178
営業時間 11:00-19:00
定休日 第2、第4水曜日

株式会社 西京味噌

住所 京都府京都市上京区室町通一条上ル小島町540
TEL 075?441?1120
URL http://www.e-miso.co.jp/

京都府 観光情報

ADVENTURE JAPAN http://www.adventurejapan.jp/archives/category/ajnumber/vol-16/kyoto
japan-guide.com http://www.japan-guide.com/e/e2158.html

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます