シェア

RECIPE

三陸の海と山のちらし寿司

調理時間:約50分(椎茸の戻し時間、白米を炊く時間を除く)

三陸の恵みを食卓に

仙台茶豆のスパニッシュオムレツ

材料(2人分)

ひらめの切り身 140g
ほたて 大2個
味付いくら 40g
仙台茶豆 40g
もって菊(なくても可) 10g
ベビーリーフ 10g
うずまきビーツ(ラディッシュで代用可) 40g
ご飯 400g
刻み海苔 10g

※椎茸の甘辛煮用

干し椎茸(水で戻しておく) 6枚
椎茸の戻し汁 1カップ
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ3
少々

※厚焼き玉子用

3個
砂糖 少々
出汁 少々
サラダ油 50cc

※寿司酢用

20cc
シードルビネガー 20cc
昆布 少々

作り方

1

水で戻した干し椎茸を、椎茸の戻し汁、醤油、砂糖、酒と一緒に鍋に入れ、煮汁が1/3~1/4くらいになるまで煮詰めたら、薄くスライスする。

2

卵、砂糖、出汁を混ぜ合わせ、サラダ油を熱した玉子焼き器(なければフライパン)で厚焼き玉子を作る。冷めたら3cm角に切る。

3

仙台茶豆は約2分下ゆでし、鞘から豆を取り出しておく。

4

ひらめの切り身、ほたては食べやすい大きさに、うずまきビーツは薄くいちょう切りにする。

5

お酢、シードルビネガー、昆布を鍋に入れてひと煮立ちさせる。冷めれば寿司酢の完成。

6

ご飯に⑤の寿司酢をかけ、しゃもじで切るように混ぜてシャリを作る。うちわなどで仰ぎ、粗熱をとる。

ステップ6

7

⑥のシャリを皿に盛り、その上に刻み海苔、①の椎茸を敷き、②③④と残りの具材を彩りよく盛り付けて出来上がり。

ステップ7

「小石川テラス」君島シェフからのポイント

三陸地域の一つである青森県の名産「りんご」にちなんで、寿司酢に「シードルビネガー(りんご酢)を加えました。そのフルーティーな風味が食材の旨みを引き立てているので、醤油をかけずそのまま召し上がっても美味しいちらし寿司です。
調理のポイントは、彩りよく盛り付けること。赤や緑、黄色など、色の濃い材料をポイントにしながら、楽しく盛り付けてみてください。

レシピ提供:小石川テラス

http://koishikawa-terrace.jp