RECIPE

「ムルヒヤ」

「ムルヒヤ」完成写真

材料(2人分)

モロヘイヤ 1束
玉ねぎ(中玉) 1玉
ラム肉(薄切り) 150〜200g
トマトペースト 大さじ2(フレッシュトマトやホールトマト200gでも代用可)
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ2
適量
コリアンダー 15粒程度(お好みで)
ブラックペッパー 適量
夏野菜 お好み

作り方

1

オリーブオイル(大さじ1)を引いた鍋で、みじん切りにした玉ねぎを炒める。
塩を一つまみ入れ、弱火でフタをして玉ねぎの水分を出す。時々混ぜながら、キツネ色になるまで炒める。

ステップ1

2

①の鍋に一口サイズに切ったラム肉を入れる。少し混ぜたらフタをして弱火でゆっくりと蒸し煮にする。

ステップ2

3

モロヘイヤを葉と茎に分け、それぞれ細かくみじん切りにする。
※茎の最下部は硬いので、上から2/3程度を使用。
※フードプロセッサーがある場合は、全てを入れて細かくする。

ステップ3

4

煮ている間に、別のフライパンにスライスしたニンニクとオリーブオイル(大さじ1)を入れて弱火にかけ、ガーリックオイルを作っておく。

5

②の鍋にコリアンダーとブラックペッパー、塩、トマトペーストを入れ、しっかりと味をつけてから、水200ccとモロヘイヤを入れる。

ステップ5

6

とろみが出てきたらガーリックオイルを合わせ、フタをして弱火で20分ほどじっくりと煮込む。
※焦げ付きを防止するため、水の量が少ないようであれば、シャバシャバな感じになるよう足す。

7

全体が茶色っぽく煮えてきたら最後に塩で味を調整し、完成。
お好みでオリーブオイルで焼いた夏野菜をトッピングすると華やかに!

ステップ7

ポイント

「ムルヒヤ」を作る時のポイントは、モロヘイヤの特長である粘りをしっかりだすこと。
粘りは消化器官や粘膜を保護し、夏バテを予防するだけでなく、喉ごしがよくなることで食べやすくなる。
モロヘイヤは細かく刻むことで、煮込んだ時に粘りが十分にでてくる。

レシピ提供:矢嶋文子(八百屋 瑞花-suika)

http://www.suika.me/