シェア

【PROMOTION】E-ZEY JAPAN×SHUN GATE

E-ZEY

マスターブリュワーが切り拓くビールの新境地

キリン「一番搾り プレミアム」リニューアル

マスターブリュワーが切り拓くビールの新境地

(取材月:March 2018)

地域や人、伝統に裏打ちされた食材に、技術やアイデアといった新しさとユニークさを調和させていくことで、「日本の魅力」をカタチにして届けていく「E-ZEY JAPAN」。今回ご紹介するのはお中元の定番商品である「日本のビール」だ。

世界各国で大小問わず多くのメーカーが個性豊かなビールづくりにチャレンジし、消費者の楽しみ方も多様化するなか、日本のビール製造技術も日進月歩で進化を遂げている。醸造技術だけでなく、原料である麦やホップなど農作物の生産環境にまで徹底して関与することで、以前とは比べ物にならないほど洗練された美味しいビールを次々と生み出している。

国産ホップの魅力をあますことなく引き出した“理想のビール”

「日本のビール」の進化の最前線を探るべく、今なお革新的な商品開発に余念がないキリンビールの横浜工場を訪れた。同社ではちょうど定番ビールの大胆なリニューアルに挑み、“理想のビール”を完成させたばかりだ。

今回、キリンビールがリニューアルに取り組んだのが、贈答用ビールとしての看板商品である「一番搾り プレミアム」。キリンビール独自の一番搾り製法で丁寧に麦のうまみを引き出す「一番搾り麦汁」をベースに使用しながら、原料であるホップの使用量と配合を大幅に変更し、香りのよさと麦のうまみを更に引き立てたのだ。

ビールの“味覚”に関わる最高責任者でもあるマスターブリュワーの田山智広さんにリニューアルの経緯を聞いた。

「社会全体が成熟していくとともに、消費者のライフスタイルや価値観も変わり、家族や仲間との時間を過ごすことに重きを置くようになってきました。そうしたなかで、ビールの飲まれ方が、ゆっくりと食事も味わいながら楽しむというスタイルにシフトしてきているのを感じていたんです。だから、より味わいそのものを追求し、時代の気分に合ったビールにアップデートしたかったのです」。

田山さんが味わいの改良にあたって、特にこだわったのが原料のホップだ。東北地方で生産されている「IBUKI(いぶき)」と呼ばれる希少性の高い国産ホップ。その、さらに第一等品とされる良質な原料の使用割合を大幅に増やしたのだ。

ビールの多くに使用されている外国産ホップに比べ、「IBUKI」は穏やかで上品な柑橘系のフルーティな香りが最大の特長だ。また、そのホップを通常の仕込み段階で使用するのに加え、発酵過程でもさらに漬け込むという工程を導入することで、より深く華やかな香りを持ったビールに仕上げることに成功したのだ。

「まず前提として、ビールの香りと味わいの決め手になるホップのことをもっと多くの人に興味を持ち、理解してもらいたいという気持ちがあります。そして、外国産ホップだけでなく、日本の大地で生産者が丁寧に育てた国産ホップの素晴らしさを伝えたいという強い想いが私の中にありました。結果的にホップの良さが引き立った、これまでにない美味しいビールができました」。

「一番搾り プレミアム」が国産ホップを贅沢に使用することができるのには、キリンビールが他のメーカーに先駆けて、いちはやく国産ホップのポテンシャルを見出し、産地や生産者への支援を長期的に継続してきたという背景が関係している。

外国産ホップが業界の主流を占め、国産ホップが作り手の後継者不足なども相まって生産量が年々減少するなか、キリンビールは積極的に国産ホップを奨励し、国内生産量の実に7割近くを買い付けてきた。岩手県遠野市とは50年以上前、秋田県横手市とは45年以上前から契約栽培を開始。地域とも連携しながら、継続的に良質なホップを生産できる仕組みや環境作りに取り組んできたのだ。

国産ホップの魅力を詰め込んだ味わい深いビールをつくることが、地域社会への貢献にも繋がり、持続可能なビールの明るい未来を保障してくれる。キリンビールという企業全体に根付く、そうした強い信念が“理想のビール”を生み出したのだ。

“理想のビール”

“理想のビール”

“理想のビール”

“理想のビール”

見据える先は、“ビールの世界”を広げること

それにしても、既に多くのファンを獲得している定番ビールをリニューアルすることに躊躇はなかったのだろうか。

「そこはもちろんドキドキですよ。このままでよい、前の味の方がよかったというネガティブな意見も容易に想像できるわけですから。ただ、それなら、そういうお客さんにも納得してもらえるぐらい美味しいビールをつくればいいと。味を変えないことのリスクもあるわけで、常に美味しいビールを追究するのは私たちにとっては当然のことだと思っています」。

30年以上前に技術職としてキリンビールに入社した田山さん。生産現場での品質保証担当から商品開発セクションに至るまで様々なキャリアを積むなかで、上司や先輩から一貫して叩き込まれたのは、どうしたら美味しいビールをつくれるのかという視点を常に持つという姿勢だ。そのために、味や香りの微細な違いを感知し、その違いを言葉で的確に表現するという訓練を延々と繰り返してきたそうだ。

そんな田山さんがいま目指しているのは、自分が半生をかけて追究してきた“美味しいビール”の世界をもっと多くの消費者にも知ってもらうことだという。

そのためキリンビールでは、今回の「一番搾り プレミアム」のリニューアルだけでなく、製法や原料が異なった多種多様なビールが楽しめる、醸造所を併設したクラフトビールの専門店を日本各地にオープンするなど、新たな取り組みを次々と打ち出している。

「日本は、まだまだビール後進国なんですよね。居酒屋やレストランに入った時、焼酎やワインは多くの選択肢から選べるのに、ビールだけは選べない。生ビール一択。本当はホップによる香りの違いや製法などで同じビールでもその味わいは様々なんです。もっと選択肢があっていい。爽快さだけでない、ビールの本当の美味しさをもっともっと知って欲しい。それが自分の使命。そうしないとビールの未来はないとすら思っています」。

ビールのコラボレーション

つくり手の想いと素材のこだわりのコラボレーション

今回の「E-ZEY JAPAN」では、リニューアルしたキリン「一番搾り プレミアム」に、日本の風土や文化が生み出したこだわりの商品「国内産炭火焼豚・さつまあげ・近江牛佃煮」をセットしたギフト商品を用意。

「炭火焼豚」は、豚のもも肉のなかでも特にやわらかい〝シキンボウ”という部位を使用。特別仕込み醤油に漬け込み、炭火でじっくりと焼き上げた。鹿児島県産の焼酎と希少糖を使って味付けした「さつまあげ」は、とうもろこし入り、紅しょうが入りの2種の味わい。「近江牛佃煮」は国産黒毛和牛の旨み、すっきりした希少糖の甘みが活きている一品。

作り手の想いとこだわりの素材を詰め込んだ味わいを、ぜひ感じていただきたい。

  • うなぎ
  • うなぎ

Writer : TAICHI UEDA / Photographer : YUTA SUZUKI / SATOSHI TACHIBANA / Movie : CHIZU TAKAKURA

〈E‐ZEY JAPAN〉 国内産炭火焼豚・さつまあげ・近江牛佃煮×〈キリン〉一番搾り プレミアム詰合せ

URL http://shun-gate.com/ezey/product/product_71.html

キリンビール 横浜工場

住所 神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
営業時間 月曜日休館(祝日の場合は営業、次の平日が休館)年末年始休館 ※臨時休業あり
*工場見学については、予約状況によっては当日ご参加できる場合もありますが、必ず事前にお電話またはインターネットにてご確認ください。満席の場合は、ご見学いただけないことがありますのであらかじめご了承ください。
TEL 045-503-8250
【受付時間】 10時〜17時(休館日を除く)
URL http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/yokohama/
  • E-ZEY JAPAN